眼精疲労サプリ」カテゴリーアーカイブ

眼精疲労はサプリメントで様子見!

男性、女性ともに30代後半から、「目が悪くなってきたなぁ」なんて心当たりありませんか?

午後になると、目がしょぼしょぼしたり、小さい字が見えにくくなってきた、という症状があったり、
いつも目が乾燥しているようで、コンタクトレンズが全然入らないという人もいます。

ただの疲れ目かなぁ、と思うかもしれませんが、実は老眼の始まりであるケースが多いようです。

パソコンやテレビなどのディスプレイを長時間見ることで眼精疲労(疲れ目)やドライアイになりやすくなります。

ですが、ディスプレイが目に悪いわけではないので、明るさやコントラストを調節して目に負担のかからないようにすることはできます。

ディスプレイを使った作業を長時間(10時間以上)すると、目の充血や痛み、視力障害、頭痛、肩こり、などを伴う眼精疲労になりやすくなります。

まばたきの回数が少なくなるとドライアイになります。

目は近くの物体を見ようとすると、焦点を調節する目の筋肉が収縮することで、眼精疲労につながります。

ですから、読書やパソコン作業、勉強を長時間続けると目が疲れるのです。

目の調節機能は年齢を重ねるに伴い衰えていきます。40代以降はより疲れやすい傾向にあります。

メガネやコンタクトレンズの強制視力があっていないと疲労しやすいようえす。老眼になり始めの40代~50代の人では眼精疲労の人が多いようです。

ステインという物質が眼精疲労のよいという報告もあるので、良かったら試してみるとよいでしょう。

ルテイン配合のサプリメントは多数販売されていますが、その中でもコストパフォーマンスに優れたサプリを紹介しているサイトがあるので、
参考までにURLを掲載しておきます。

参考URL:眼精疲労サプリ 口コミ

スマホやパソコンなど、ディスプレイを見る時間は膨大です。

昔の人よりも目に負担をかけていることは確かですから、自分の目をいたわらなければなりません。

歯医者のように定期的(3カ月~6か月)に、眼科に目の診断に行くと安心です。